Slow Living and Travel geek

旅行、ホテル、飛行機、お酒や日常についてだらだら書きます。

WORLD OF HYATTのニュープログラムについて整理しておこう。

少し周回遅れのネタですが、個人的にはWORLD OF HYATTの会員プログラムには触れておきたいと思います。 2017年3月1日よりHYATT GOLD PASSPORTよりリニューアルされて一新しております。

f:id:itraveller:20170327210545j:plain

こちらはそれぞれの新しいグローバリスト、ディスカバリスト、エクスプローリスト、メンバーの新会員カードです。 ステータス性には全く欠けるデザインですねw

私自身この1年のホテル計画をどうしようか、悩みつつもHYATTに宿泊し続けているのが現状です。

ハイアットのグローバリスト会員になるには??

f:id:itraveller:20170327213111p:plain

今までのハイアットゴールドパスポートのダイヤモンド会員になるには25滞在もしくは50泊というハードルでしたが、 今回の改正でグローバリスト会員は60泊以上が100万ポイント(200万強の出費)とかなりハードルが上がっております。

私自身は昨年は80〜90泊しておりますが、そのうち名古屋や仙台、広島、札幌やベトナムハノイなど、ハイアットのない都市も当然あります。

ですからこのグローバリスト会員になるにはハイアットのある都市は原則、ハイアットを選択しておく必要がある、ということになりそうです。 (ちなみに昨年のハイアット滞在は50泊少々です)

今までは25滞在すればよいので、あとはたまに大阪でもインターコンチネンタルやヒルトンも選んでいましたが、そういう選択が難しくなります。 ホテルを楽しみたいと思っている私的には、少々本末転倒的になってしまいますね、これでは。

しかし一方で、年間15泊程度しかしないけど、スイートばっかり泊まって、ホテルの飲食でお金を落としている方々はグローバリスト会員になれるようになりました。 こういう顧客を大事にしていきたい、そして一方で少々増えすぎたダイヤモンド会員を絞ってサービスを提供していきたい、という思いがあるのでしょうか?

ビジネスやファーストにたくさん乗るお客を大事にしたい、というエアラインは昔からのシンガポール航空を筆頭に、最近は米系航空会社やキャセイパシフィックも そういった流れに乗っていますね。

そしてハイアット、SPG系などバランスよく宿泊してともに上級会員を維持している顧客は切り捨てるのもやむを得ないと判断したのかもしれませんね。

グローバリスト会員の特典は?

贅沢な旅

客室のアップグレード(スタンダードスイートまで)で快適にご滞在いただけるほか、朝食をご提供するクラブラウンジもご利用いただけます。

リゾート料金免除

無料宿泊特典および適用客室料金でのご宿泊日のリゾート料金が無料になります。

今までと異なるのは、スイートまでのアップはあるよ、ということですね。(今までは原則的にはなかった。) ただし3月以降泊まっていますが、多少以前より良くなったというアップグレードはありましたが、実質的なスイートアップはまだ経験していませんがw

それ以外の特典は今までと変わり映えはありません。

f:id:itraveller:20170327215143j:plain

ちなみに今年もユナイテッド航空のラウンジパスは2枚頂いております。 ANA SFC会員を持っているので使うことはないので、毎度友達に譲っています。

3月になって一番改悪だと思ったのは、1000PTダイヤモンドアメニティがなくなったことにつきます。 最近も某六本木ホテルに宿泊した際に、あれなくなったのはすごくショックと伝えたところ、スタッフの方も、同様のことは頻繁に言われると話されていました。

これは出来れば来年以降復活してほしいと強く思います。

今年のステータス維持は??

個人的には今年もステータス維持はしたいと思っており、現在もたまたま1月5泊ペースで宿泊を重ねていますが、このまま続くかは微妙ですね。

仕事、旅行などの目的地でハイアットのない都市は多くあります。

出来れば無理なく、結果的に達成出来れば、旅行好き、ホテル好きの私には理想的と考えています。