Slow Living and Travel geek

旅行、ホテル、飛行機、お酒や日常についてだらだら書きます。

【SQ】気がついたらクリスフライヤーの特典交換条件が改悪されていたよ

前回の記事でシンガポール航空の特典航空券を利用してホーチミンから帰国したエントリーをしました。

www.itraveller.asia

しかし3月23日よりシンガポール航空クリスフライヤーの特典交換については随分改悪されていましたが、それに気づいたのはつい最近のことでした。 3月1日にシンガポール航空よりメールが来ていたのですが開封もしておらず、、、未開封などのメールを削除しながら気づいた次第です。

f:id:itraveller:20170416093805j:plain

現在、かなり貯めているシンガポール航空クリスフライヤーマイルの今後の使い方、またクレジットカードポイントの移行先を検討する上で整理をしてみました。

1.クリスフライヤー改悪のお知らせ、、、

f:id:itraveller:20170416094103p:plain

そんなお知らせをもらったのはこのメールでした。 Important Changesと言う知らせをA350の画像でまろやかに見せていますね、、、


We conduct regular reviews to keep the KrisFlyer programme updated. Following a recent review, we will be making these changes:

・Revisions to Saver Award levels in the Singapore Airlines and SilkAir Award Chart have been made to ensure that flight rewards remain sustainable yet competitive. We had last made adjustments to award levels in various zones in 2012.

・The 15% discount for redemption and redemption upgrade bookings made through our website and mobile channels will be discontinued, and the same redemption fare will be applied across all channels.

・Fuel and insurance surcharges will be removed from all redemption award tickets on Singapore Airlines and SilkAir operated flights.

The above changes and the revised Award Chart will be effective for redemption and redemption upgrade bookings ticketed on/after 23 March 2017.

以上、英語でさらっと記載されています。

・2012年以来のSQ及びシルクエアーの特典航空券の必要マイルの見直しを行った。

・HP予約だと15%消費マイルをディスカウントしていたけどやめるよ。

・SQ及びシルクエアーでの特典利用時はサーチャージはいらないよ。

これは3月23日から実施するからね、、、とすでに実施済(泣)

15%引きがなくなるのは大きいが、必要マイルの見直しがどうなったのかみてみましょう。

2.シルクフライヤーの特典航空券必要マイル

SQから頂戴したメールより引用いたします。

f:id:itraveller:20170416095535p:plain

シンガポールバンコクビジネスクラス(片道)の場合、20,000マイル+空港税など。 ここは基本必要マイルに変更はなし、15%引きのみ不要になったので、3,000マイル程度の改悪ですね。まだ良しとしよう。

f:id:itraveller:20170416095905p:plain

シンガポール→ロンドンのビジネスクラス(片道の場合)、85,000マイル+空港税など。 80,000マイル(68,000マイル)→85,000マイルと実質17,000マイルの増。往復だと34,000マイルが余分に必要になるということ、実に厳しい。

では東京→シンガポールの片道に必要なマイルは、

f:id:itraveller:20170416100811p:plain

シンガポール→東京はZONE7となり、片道ビジネスで43,000マイル、往復で86,000マイルです(号泣W)

今までは実質68,000マイルが86,000マイルとなるわけですから、18,000マイルが余分に必要になってくるわけです。

各ゾーンがいくらマイルが必要かはこちらの早見表を参照してください。 http://www.singaporeair.com/saar5/pdf/ppsclub_krisflyer/charts/SQMI_AwardChart_23Mar.pdf

実はもう一つSQのマイルが実質改悪になったことがこの3月にありました。(SQだけではないけど)

3.アメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワード・プラス

私が使用しているクレジットカードの一つにアメックスがあります。 ここで貯めていたポイントは今までこのシルクフライヤーに移行してSQのフライトを楽しんでいました。

100円=1ポイント=1マイルなので、まあエアラインのクレカの通常レートと言って良いでしょう。

ところがこれも4月1日より、、、

提携航空パートナー・ホテルのポイント・プログラムへの移行について - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

こちらもご改悪です、

f:id:itraveller:20170416102756p:plain

ざっくり書くと、100万円をアメックスで使って10,000ポイント貯まるけど、マイルに交換すると8,000マイルになるよ、ということですな。

ANAは従来通りで変わらずですが、他の外資系エアラインは軒並み改悪です。

f:id:itraveller:20170416103123p:plain

こちらのANA以外ですね。

私はSQの改悪を知らずして、このニュースを知って所有しているAMEXのポイントのほぼ全てをSQに移行したわけです。 今思えばブリティッシュエアウェイズにでも、、、とも思います。(泣)

東京→シンガポール往復ビジネスは今までは68,000マイルなので、通常決済で680万が必要でしたが、 これからは86,000マイル貯めるには、1,075万を使わなければならない計算です。 つまりは単純にアメックス決済でSQのシンガポール往復ビジネスの場合、今までより400万近くたくさん決済しなければならなくなったわけですね。

私の所有しているのはアメックス・ビジネス・プラチナカードで、FHR(ファインホテル&リゾート)でホテルを予約をしたり、会食の予約でのお店の選定など、その使い勝手の良さから、このカードの解約は考えていません。

なので移行先については再検討が必要です。 そのあたりについてはまた検討後、記事にしていきたいと思います。