Slow Living and Travel geek

旅行、ホテル、飛行機、お酒や日常についてだらだら書きます。

【HYATT】シンガポール&シドニー旅行(2)〜アンダーズ シンガポールへチェックイン

楽しい楽しいSQファーストのフライトを終え、シンガポール チャンギ国際空港到着後、タクシーで今回の滞在先であるAndaz Singaporeへ向かいます。

www.itraveller.asia

オープンして間もないホテルですが、google mapを見せると場所はすぐわかってもらえました。

f:id:itraveller:20180112232716j:plain

さて私にとってアンダーズブランドのホテル、東京上海に次ぐ3箇所目の滞在ですが、どうだったでしょうか?

 

 

アンダーズ シンガポール

昨年11月にオープン、シンガポールではグランドハイアット シンガポールに次ぐ2件目のハイアットホテルです。

場所はブギス駅に直結、DUO TOWERというツインのビルの片方25F-39Fに入っており、部屋数は342室、ハイアットにおけるカテゴリーは6ですから、東南アジアの中ではなかなかの大物デビューと言って良いでしょうw

アジアのHYATTカテゴリー6はここを含めて6件しかありません。

※昨年オープンしたPHバンコクはカテゴリー5です。

 

 

立地はインターコンチネンタル シンガポールのほど近く。

f:id:itraveller:20180113073246j:plain

ホテル内施設としては

25F  Alley on 25 複合的レストラン(オールディダイニング)

38F  665°F    グリルハウス

39F  Mr.Stork     ルーフトップバー

G F  Pandan      スイーツ系ショップ

25F  Pool

38F  Fitness Center  という感じでしょうか。

f:id:itraveller:20180112234207j:plain

アンダーズシンガポールへチェックイン

f:id:itraveller:20180114074651j:plain

 アンダーズらしくオープンなカウンターでチェックイン。レセプションの方は欧米系の女性でとてもカジュアルな服装、そして随分と慣れた感じでとてもスムーズに流れます。

オープン間もないホテルにありがちなバタバタ感は全くありませんでした。

今回、一番最安のキングルームを予約していますが、一応VIEWの良い部屋にアップだよ〜と言われます。

 

到着時刻は18:30頃、このままお部屋へは向かわず別の場所へ向かいます。

 

アンダーズ ラウンジ アワー

f:id:itraveller:20180115081932j:plain

 25FのAlley on 25という複合レストラン、この中に6つのコンセプトの異なるレストランがあります。その一角ICEHAUSへ。

ここで17:00-19:00で宿泊者向けのカクテルサービスを行っています。

f:id:itraveller:20180117221757j:plain

行ったらかなり賑わっていました。

f:id:itraveller:20180112232716j:plain

ビール白・赤ワインがラインナップ。

f:id:itraveller:20180112234450j:plain
f:id:itraveller:20180112232817j:plain
f:id:itraveller:20180112232737j:plain

こんな感じで軽くつまめるものもあります。

f:id:itraveller:20180112234438j:plain

とりあえずこのアンダーズペールエールというオリジナルビールを頂きましたw

アンダーズ東京も18:00-20:00までイブニングサービスということでワインやカナッペなどを提供していますが、こちらはより力が入った感じですかねw但しこちらはオープン間もないホテル、当然試行錯誤しながらの運営ですから次回行ったら変わってるかもしれませんがw

雰囲気としてはアンダーズ東京は静かに軽く1杯程度飲む感じですが、こちらは少々ガヤガヤしてガンガン飲める感じ、私は嫌いではありません(笑)

 

オープン記念のドリンク・パーティへ

一杯飲んだら次は同じフロアのBar Squareへ。

この日はオープン記念の軽いパーティ(ドリンクセッション)のようなものがあり、そちらに招待されていました。本来ならば翌日にもう少し大掛かりなエリート会員向けのドリンク&フードパーティのようなものがあってそちらに招待されていたのですが、その日は移動日だったので断念、そしたらこの日もやっているからどう?と言うことで行ってきました。

f:id:itraveller:20180112232920j:plain
f:id:itraveller:20180112232941j:plain

このイベントはさすがにおシャンパがありましたw

f:id:itraveller:20180112233005j:plain

フードもこんな感じで、、、

f:id:itraveller:20180112234514j:plain
f:id:itraveller:20180112234502j:plain

随分と盛り上がった楽しいイベントでした。こんなんあったらいつでも呼んでよという感じ笑。

f:id:itraveller:20180112234525j:plain

十分に飲ませて頂きましたwまあこんな感じでチェックインから全てがスムーズな流れなのでこのホテルのファーストインプレッションはとっても良かったです(笑)

 

キング・ビュールーム〜リビング&ベッド

さてほどほどに飲んだらすっかり満足。お部屋へ向かうことに。

f:id:itraveller:20180112233048j:plain

お部屋は32Fです。廊下は回廊式になっており、下まで見えます。

f:id:itraveller:20180112233108j:plain

ビーフロアは随分とカジュアル感があったのですが、廊下・エレベータ廻りはモダンかつ少し高級なテーストで仕上がっています。

f:id:itraveller:20180112233128j:plain

お部屋はこちら。

f:id:itraveller:20180112233223j:plain

ではお部屋へ入りましょう。

f:id:itraveller:20180112233242j:plain
f:id:itraveller:20180112233306j:plain

部屋の広さは38-42m2でコンパクトでモダンカジュアルな感じ。アンダーズ東京は木目もシックで高級感のあるものですが、こちらはもう少し軽めなウッディなテースト。アンダーズ上海ほどのデザインのソリッド感もなく意外とオーソドックスですね。

部屋は正面がテーブル&チェア。窓際には小さいながらもリラックス出来るソファーがあります。で左側にキングベッドです。

f:id:itraveller:20180112233325j:plain

テーブル。お酒があるので無料プレゼントかな?と思いましたが有料でしたw

f:id:itraveller:20180112234001j:plain

ベッドサイド。アナログな時計にbluetoothスピーカー。高級ホテルの必須アイテムですね。

f:id:itraveller:20180112233409j:plain
f:id:itraveller:20180112233429j:plain

そしてこのネスプレッソも通常のお部屋でも標準装備になりつつありますね。早く某六本木も何とかしてほしいところ笑。

f:id:itraveller:20180112233509j:plain

ソフトドリンクは無料はアンダーズ標準ですね。1本飲んだらその後いつの間にやら補充されていました。

そして最近、この引き出し式冷蔵庫が多いですね。パークハイアットバンコクも同様でした。

f:id:itraveller:20180112233857j:plain

テレビは壁掛けの超薄型。もう新しいホテルで日本の液晶テレビを見かけることは本当に稀になってきました。

f:id:itraveller:20180112233549j:plain

部屋から入口側を見るとこんな感じです。全体的にコンパクトな作りですが機能的で悪くはありません。

f:id:itraveller:20180112233735j:plain

そうそう、室内の履物はスリッパではなくビーチサンダルでした笑。

f:id:itraveller:20180112233149j:plain

お部屋の位置はこちら。

f:id:itraveller:20180112234025j:plain

シティビューですね。手前に見えるのはインターコンチネンタル・シンガポールですな。

 

キング・ビュールーム〜水回り

では水回りのチェックを。

f:id:itraveller:20180112233655j:plain
f:id:itraveller:20180112233715j:plain

このホテルの標準部屋にはバスタブはないようでシャワーブースのみです。ゆっくりバスタブに入りたい方はスイートルームもしくはグランドハイアットへの予約が良いでしょうねw。私は東南アジア旅行ではほとんどシャワーで済ませるので問題ありませんが。

アメニティはシンガポール製のものでした。これはアンダーズ東京がペリカン石鹸のアメテニィを使っているのと同じ考え方と言ってよいでしょう。

f:id:itraveller:20180112233613j:plain
f:id:itraveller:20180112233636j:plain

この洗面廻りもゆったりと広めに作られています。

f:id:itraveller:20180112233836j:plain

引き出しを開けるとドライヤーと各種アメニティ。箱入りです。

f:id:itraveller:20180112233755j:plain

ワードローブ。

f:id:itraveller:20180112233817j:plain

トイレはウォシュレットではありませんが、東南アジア仕様のシャワーホースが装備されています。


Bottom Line

新しくオープン間もないこのホテル、デザインは香港の建築家アンドレ・フー、日本ではシャングリラ東京のレストラン、ピャチャーレなどを手がけていると聞いていたので、もう少しラグジュアリーな路線のデザインかと思っていましたが、ロビーフロアも客室も過ごしやすさを意識した落ち着いたデザインと思いました。

f:id:itraveller:20180112234120j:plain

部屋については今回1泊だったので通常の部屋でも快適に過ごせました。次回例えば家族で複数泊ならばスイートアップで泊まってみたいですね。ここはやはりシンガポール、通常のお部屋でもそこそこ値段はしますので。(東京ほどではないが)

 

とりえあず、チェックイン当日のこの日は快適に過ごすことができました。

 

次回は朝食、フィットネス、プール編です。