Slow Living and Travel geek

旅行、ホテル、飛行機、お酒や日常についてだらだら書きます。

【HYATT】2018.1 バンコク旅行(4)〜グランドハイアット エラワン バンコク グランド スイートキング

今回のバンコク旅行、1泊目は昨年オープンしたハイアット プレイス バンコク スクンビットでした。2-3泊目はグランドハイアット エラワン バンコクの計画です。

www.itraveller.asia

 今回のこのホテルの滞在は余っていたハイアット グローバリスト・スイートアップの権利を行使して事前のグランドスイートキングが確定しています。

f:id:itraveller:20180313213522j:plain

私にとっては泊まり慣れたホテル、グランドクラブのスタッフも見慣れた顔が多くいます。大きな期待感はないものの安心して泊まれるホテルの一つです。

 

 

 

グランドハイアット エラワン バンコク

グランドハイアット エラワン バンコク伊勢丹ゲイソンショッピングセンターのある交差点の一角、正面にはインターコンチネンタルもあり好立地、そして有名なエラワンの祠があることでも有名ですね。

ハイアットプレイスからタクシーで向かいます。

f:id:itraveller:20180314230023j:plain

チェックインしてこのロビーを通って、カウンターで名前を告げると17Fのグランドクラブへのチェックインへ案内されます。

今回はお昼過ぎのチェックイン、ところがまだスイートが空いておらず、部屋が用意出来るのは15時頃になるようです。まあ外出予定があったので問題ありませんが、テンポラリーのお部屋も用意頂きました。

f:id:itraveller:20180313212555j:plain

いつものクラブキングルームですね。

 

グランドスイートキング〜リビングエリア

用事を済ませた後夕方にホテルへ戻りました。一旦グランドクラブへ行ってスタッフにルームチェンジをお願いします。

f:id:itraveller:20180313213322j:plain

で新しいお部屋、グランドスイートルームへ移動します。

f:id:itraveller:20180313212016j:plain
f:id:itraveller:20180313212054j:plain

入口入ると正面にオブジェがあります。(右)

f:id:itraveller:20180313212035j:plain

そしてリビングルーム、改装された当時はモダンになったと思ったこのホテル、最近のホテルトレンドを見ると少しクラシックな感じがしますねww

f:id:itraveller:20180313212318j:plain
f:id:itraveller:20180313212337j:plain

ゆったりしたソファーと窓側には通常のお部屋と同じガラステーブルの組み合わせ。

f:id:itraveller:20180313213250j:plain

後からウェルカムフルーツがセットされました。

f:id:itraveller:20180313212421j:plain

そしてソファーと対面の壁にはテレビ、アジア標準のサムスン製。

f:id:itraveller:20180313212400j:plain

ソファー側から見る入口方向側にF&Bの置かれた棚があります。

f:id:itraveller:20180313212117j:plain
f:id:itraveller:20180313212201j:plain
f:id:itraveller:20180313212142j:plain

棚の上にはスイートルーム用のお菓子、そしてネスプレッソマシンは少しレトロなデザインのilly製です。

f:id:itraveller:20180313212220j:plain
f:id:itraveller:20180313212258j:plain
f:id:itraveller:20180313212239j:plain

引き出しを開けるとスナック、紅茶、インスタントコーヒーなど。あと冷蔵庫にはビールを含む各種ソフトドリンク。(ワインはありませんね)

f:id:itraveller:20180313211937j:plain
f:id:itraveller:20180313211956j:plain

ちなみに入口入ってすぐのところにトイレがあります。

 

グランドスイートキング〜ベッドルーム

リビングルームからベッドルームへ移動します。

f:id:itraveller:20180313212555j:plain

キングベッド、奥にアームチェアがあります。

f:id:itraveller:20180313212517j:plain

ベッドの左側には照明スイッチ含む各種コントローラー。そして左はスピーカー。これはもともと旧iphone用ドックタイプだったのですが、それにコネクタをつけてbluetooth対応にしたんですかね。(ちなみにリビング側にも同じものがあります)

f:id:itraveller:20180313213055j:plain

ベッドの右側にも同様のコントローラーがセットされています。

f:id:itraveller:20180313212536j:plain
f:id:itraveller:20180313212614j:plain

こちらもリビングと同じテレビ・テレビボードが配置されています。

このお部屋ですね、ベッドルームが2面採光になっているので、こちらの方が明るい、そしてビューが良いので、少し暗めのリビングルームよりこちらで過ごす方が快適なんですよね。

 

グランドスイートキング〜ウェットエリア

このベッドルームのお隣が水回りのエリアです。

f:id:itraveller:20180313213018j:plain
f:id:itraveller:20180313212959j:plain

その少し手前にワードローブ&荷物置きエリアがあって、

f:id:itraveller:20180313212656j:plain

奥にダブルシンクのベイシンがあります。

f:id:itraveller:20180313212715j:plain
f:id:itraveller:20180313212936j:plain

各種アメニティ、ケースもグランドハイアットカラーでまとめられています。

f:id:itraveller:20180313212633j:plain
f:id:itraveller:20180313212735j:plain

その左隣がバスタブ。

f:id:itraveller:20180313212836j:plain
f:id:itraveller:20180313212856j:plain

そしてシャワーブース。レインフォールと通常のシャワー。シャンプー・コンディショナーはグランドハイアット標準のJUNE JACOBSですが、ここは抹茶仕様ではなくシトラスが採用されているのが他のグランドハイアットと異なるところです。

f:id:itraveller:20180313212755j:plain

洗面の右側はトイレ。このホテルはスイートルームは2台のうちこちらの1台がウォシュレットです。お尻に優しくて助かりますw

 

うん、快適に過ごせそうですねw 

おまけ

f:id:itraveller:20180313213133j:plain

お隣には建築中(というか今は中の仕上げ工事だと思うが)のウォルドーフ・アストリアが目に入ります。こちらは現在7月1日以降での予約が可能になっていますね。

f:id:itraveller:20180313213230j:plain

前回の滞在と異なり、今回からクラブアクセスを持つ宿泊者はレストラン朝食も可能になっています。個人的にはここのレストラン朝食はあまり高く評価していないのですがwそれでも選択肢という意味では朗報でしょう。

f:id:itraveller:20180314230949j:plain

事前にtwitterで繋がっている方から教えて頂いていましたが、ランドリー10セット300THBというありがたいオファーもありました。

ほぼ10セットのランドリーを出しました(笑)→これは一時的なオファーな可能性が高いので、もう終わっているかもしれません。

 

朝食などは次回に、、、

 

関連記事

www.itraveller.asia

www.itraveller.asia

www.itraveller.asia