PICK UP

さて2018年後半よりブログが滞りがちでしたが、相変わらずホテルライフの中心はハイアット系にほぼ偏っている状況です。

そんな時間の流れの中でHYATT HOTELSもこのブログを書き始めた時より、その制度及び仕組みは変わりつつあります。

f:id:itraveller:20190511135650j:plain
Andaz Tokyo

そんなWORLD OF HYATTですが、私自身の整理&備忘録も兼ねてブログにまとめてみました。

スポンサーリンク

スモールラグジュアリーホテルズオブザワールド(SLH)との提携

昨年、SLHHYATTが提携、ワールドオブハイアット会員はこのプログラムに参加しているSLHのホテルで、HYATTのウェブ、アプリより予約すれば、ワールドオブハイアット(以下WOH)のポイントが付与(1ドル5ポイント)され、かつ下記の特典が得られます。

  • 無料のコンチネンタル ブレックファスト
  • 無料Wi-Fi
  • 正午のアーリーチェックイン(チェックイン時の空室状況によりご利用いただけない場合もあります
  • 午後2時までのレイトチェックアウト(チェックイン時の空室状況によりご利用いただけない場合もあります)
  • ひとつ上のカテゴリーの客室へのアップグレード(チェックイン時の空室状況によりご利用いただけない場合もあります)

参加しているホテルはSLHのホテル全てではありませんので下記URL参照ください。

https://www.hyatt.com/ja-JP/promo/small-luxury-hotels-of-the-world

ハイアットホテルがかなり少ないヨーロッパがとても多いのが、今回の提携に大きなメリットになるのではないでしょうか。イタリア、ギリシヤなどは特に数が多く、私が行きたいと思っていたスペインバルセロナにもあります。

またタイ・バンコクは137 PILLARS SUITES BANGKOKなどもオールスイートのホテルがあり、ハイアットのポイントを利用した無料宿泊も可能になっています。

f:id:itraveller:20190511145318p:plain
ホテル雅叙園東京(最近、HYATTから予約可能になりました)

この提携によりもともとハイアットはホテルのカテゴリーを1〜7で分けておりましたが、新たにカテゴリー8を創設しました。

2019年5月段階でカテ8のホテルは30弱あり、そのうちの一つが、KASARA NISEKO VILLAGEです。(日々徐々に増えていってます)

マリオットIHGヒルトンアコーと比べると圧倒的に数の少ないHYATT、選択肢が広がるのはありがたいです。

来年あたり、このSLHについては私の滞在でも出番はありそうです。

プレミアムスイートのポイントでの予約が可能に

次も比較的ありがたい朗報です。

今まではスタンダードスイートに割安で泊りたい場合、ポイント無料宿泊通常レートでの部屋の予約+ポイント、グローバリストならば年4回分使えるスイートアップグレード(通常レート予約から)ということが可能でしたが、昨年11月よりそれに加えてプレミアムスイート無料宿泊、もしくは通常レート+ポイントで取ることが可能になりました。

まずはポイントを利用した無料宿泊(どれも1泊あたりの必要ポイント数です)

ホテルカテゴリー スタンダードルーム リージェンシー/グランドクラブ スタンダード スイート プレミアムスイート
1 5,000 7,000 8,000 10,000
2 8,000 12,000 13,000 16,000
3 12,000 17,000 20,000 24,000
4 15,000 21,000 24,000 30,000
5 20,000 27,000 32,000 40,000
6 25,000 33,000 40,000 50,000
7 30,000 39,000 48,000 60,000
8 40,000 -- --

次は通常レートでの予約からポイントを使ってのアップです。

客室のアップグレード アワード 1泊あたりのポイント数
リージェンシークラブ/グランドクラブへのアップグレード 3,000
スイートへのアップグレード 6,000
プレミアムスイートへのアップグレード 9,000

このゴールデンウィークはパークハイアットバンコクに滞在しましたが、この時は通常レートで予約してポイントを使ってプレミアムスイートにアップをしました。パークハイアットバンコクカテゴリー5なので9,000ポイント×2泊で18,000ポイントです。

ちなみにパークハイアットバンコクのプレミアムスイートはパークエグゼクティブスイートにあたります。

f:id:itraveller:20190511145739j:plain
f:id:itraveller:20190511145657j:plain
f:id:itraveller:20190511145804j:plain
f:id:itraveller:20190511145724j:plain
Park Hyatt Bangkok / Park Exective Suite King(プレミアムスイート)

ちなみにカテゴリー7のパークハイアット東京のプレミアムスイートはガバナーズスイート、60,000ポイントか通常予約+9,000ポイントで宿泊可能です。

都内のプレミアムスイート予約可能なホテルは

パークハイアット東京 →ガバナーズスイート

ハイアットリージェンシー東京 → アンバサダースイートもしくは

                 リージェンシーエグゼクティブスイート

ハイアットセントリック銀座 → シティビュースイート

となっており、グランドハイアット東京、アンダーズ東京はポイントでのプレミアムスイート滞在は現段階では対象外とのことらしいです。

※規約・運用は都度異なりますので、予約時は上記部屋で変更ないか確認頂いた方がいいです。

個人的にはパークハイアット東京のガバナーズスイートは一度泊まってみたいですね。

スポンサーリンク

ポイント&キャッシュが通常レート×50%で使いにくくなった

このポイント&キャッシュの変更はとても痛かったです(泣)都内のハイアットに滞在すると、予算がオーバーすることがあります。そんな時に便利なのがこのポイント+キャッシュです。

例えばグランドハイアット東京カテ612,500ポイントと150USD(税サ別)の固定レートでリーズナブルに滞在できるのが利点でした。ところが、、、

カテゴリー スタンダードルーム1泊あたりのポイント数 スタンダードルーム1泊あたりのポイント+キャッシュ
1 5,000 2,500 + スタンダードルームの通常宿泊料金の50%
2 8,000 4,000 + スタンダードルームの通常宿泊料金の50%
3 12,000 6,000 + スタンダードルームの通常宿泊料金の50%
4 15,000 7,500 + スタンダードルームの通常宿泊料金の50%
5 20,000 10,000 + スタンダードルームの通常宿泊料金の50%
6 25,000 12,500 + スタンダードルームの通常宿泊料金の50%
7 30,000 15,000 + スタンダードルームの通常宿泊料金の50%

通常宿泊料金の半額が必要となりました。

例えば6月のある日の週末のグランドハイアット東京の通常レートは下記の通り。

f:id:itraveller:20190510142707j:plain

50,000円(税サ別)です。これの半額は25,000円+税別で31,450円となります。今まではこれが21,000円程度だったので+10,000円の負担増。

今まではレートが高い時ほど重宝したのですが、現在は通常宿泊料金の半額ですから、レートが高い場合、このポイント+キャッシュの負担は増えます。非常に使い勝手が悪くなりました。

例えば80,000円の宿泊料金の場合は、ポイントを使っても4万++の負担になるわけですから、利用には迷ってしまいますね。ということで今年になってからまだ2度ほどしか使っていません。

f:id:itraveller:20190511135552j:plain
f:id:itraveller:20190511135423j:plain
f:id:itraveller:20190511135515j:plain
f:id:itraveller:20190511135607j:plain
都内のグランドハイアット、アンダーズ、セントリック、パークハイアット

ちなみにこのポイント+キャッシュスダンダードスイート及びプレミアムスイートでも利用は可能です。通常料金+ポイントでスイートなのか、ポイント+キャッシュでスイートなのか、その消費ポイントとかかる費用で比較してみるのも良いかもしれません。

スダンダードスイート&プレミアムスイートでのポイント+キャッシュは

下記URLを参照ください。

https://world.hyatt.com/content/gp/ja/rewards/free-nights-upgrades.html?icamp=woh_home4_freenights_ja

会員特典の一部見直し(マイルストーンリワード)とグローバリスト資格の変更

さて、現在のハイアットのステータス達成のためのハードルは下記の通り。

会員資格 対象となる宿泊 ベースポイント
メンバー 該当なし 入会無料
ディスカバリスト 10 25,000
エクスプローリスト 30 50,000
グローバリスト 60 100,000

グローバリストになる場合、60泊もしくは100,000ベースポイント。ポイントで達成する場合、1ドル使って5ベースポイントですから、20,000ドル。税サ別で220万程度使わなければなりません。

お金のある方はグランドハイアット東京かパークハイアット東京のプレジデンシャルスイートを2泊とあと1回10万程度のスイート泊まれば3泊で達成することは可能です(笑)

f:id:itraveller:20190511135701j:plain
グランドハイアット福岡

あともう一つ改訂されたのは、私のようなすでにグローバリスト会員の場合、2019年は55泊でグローバリスト達成可能です。ところがそれは今年2019年まで。2020年以降はすべからく全員が60泊もしくは100,000ポイント必要と地味に痛い改訂がなされました。

そして昨年までは、グローバリスト達成時に4回分のスイートアワード、カテ1〜7まで利用できる無料宿泊アワードを頂き、30泊もしくは50,000ポイント達成時にカテ1〜4までの無料宿泊アワードを頂いておりましたが、今年はマイルストーンリワードという名称で上記のご褒美が下記の通り分散されました。

利用実績 マイルストーンリワード
20泊もしくは35,000ポイントの達成 クラブラウンジのご利用特典(2回分)
30泊もしくは50,000ポイントの達成 クラブラウンジのご利用特典(2回分)
カテ1〜4の無料宿泊券
40泊もしくは65,000ポイントの達成 5,000ポイントまたは100$のハイアットギフトカード
または FIND エクスペリエンス10,000ポイント割引
50泊もしくは80,000ポイントの達成 スイートアワード2回分
60泊もしくは100,000ポイントの達成 スイートアワード2回分
カテ1〜7の無料宿泊券
マイハイアットコンシェルジュの利用が可能になる。
以降10泊毎(100泊まで) 10,000ポイントもしくはスイートアワード1回分

私がこのブログを書いている段階で28泊ですので、すでにクラブラウンジ2回分を頂いておりますが、これはグローバリスト会員は既に付帯している特典ですので、使うことはありません。

先ほど書いた通り今までの達成時特典が少し分散されたのと、一つ増えたのは40泊時の特典でしょうか?FINDエクスペリエンスはよくわかりませんが、おそらくポイントかギフトカードを頂くでしょう。

また70、80,90,100泊達成時10,000ポイントスイートアワードがもらえるのは昨年から変わっていません。グローバリスト会員の場合、国内は別としてもアジアの多くのホテルで空きがある限りスイートのアップの確率は高まっているので、もっぱらポイントを頂くようにしています。

BOTTOM LINE

基本的には優遇されるにはたくさん滞在しろ、そしてお金を使ってください、というのがWORLD OF HYATTの特徴。昨年後半の改訂もそれが強化された感じです。

ハイアットゴールドパスポートからこのWORLD OF HYATTに変わって上級会員の資格が強化され、グローバリスト(旧ダイヤモンド)会員はかなり減ったと思われます。

一方で、減った分グローバリスト会員の優遇度合いは高まったようにも思います。

スイートルームへのアップグレードの回数がとても多くなった。

・マイハイアットコンシェルジュで担当が使え、電話はすぐつながるようになり、

メールでの問い合わせも可能で回答も比較的早い。

というところが大きく変わったように思います。

f:id:itraveller:20190511135622j:plain
パークハイアットソウル パークスイートキング

ちなみにライフタイムグローバリスト会員もありますが、こちらは1,000,000ベースポイントの達成です。20,000ドル、約2,200万ですが円安になればもっと大変です(笑)

これに関してはあまり無理せずおっかけたいと思っています(笑)

グローバリスト会員の特典はこちらです↓

https://world.hyatt.com/content/gp/ja/member-benefits/globalist.html

※各データはHYATT.COMより引用させて頂いております。

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連コンテンツ
おすすめの記事