PICK UP

前回のFUK→TPEエバー航空搭乗記からの続きです。桃園国際空港到着後、入国には少々時間を要してその後スーツケースをピックアップしてホテルへ向かいます。

今回の台北の滞在ホテルはグランドハイアット台北。この台北では私のメインホテルのハイアット系列はここのみ。(SLHは2件あった)ですので今回は悩むことなく、このグランドハイアット台北を選択しました。桃園国際空港からは空港バスで向かうと、このグランドハイアット台北にも停車するので便利でした。

グランドハイアット台北

さて今回滞在のグランドハイアット台北は27F建て、客室数は約850とかなりの大箱のホテルです。

あまり台北は詳しくありませんが、立地的には台北101の隣です笑。(今回は行っておりませんが)

詳細は割愛しますが、レストラン&バーは和洋中やバーを含め9つ、まさに台北の中心的ホテルの一つと言っても良さそうです。

ロビーもいかにも1990年代の建築を彷彿させるいかにもグランドハイアットな感じのゴージャスさ。また改装もされているようであまり古さも感じません。ちなみにこのホテルはワールドオブハイアット内でのカテゴリーは4です。日本ではグランドハイアット福岡、ハイアットプレイス東京ベイ、ハイアットリージェンシー那覇・瀬良垣と同じカテゴリーです。

グランドハイアット台北へチェックイン

チェックインカウンターで名前を告げてステータスを確認するとグランドクラブでチェックインを進められエレベータに乗ります。

22Fのエレベータを降りると正面がカウンター。そしてその中にグランドクラブ(クラブラウンジ)があります。グランドハイアットバンコクなどと同じレイアウトですね。

チェックアウトの時間の確認、そしてこの用紙を渡しながらグランドクラブの説明を受けます。(英語)

カクテルタイムは17:30〜20:00と他のグランドハイアットなどと比較すると30分長いですね(笑)

部屋はアップグレードしたとの説明は受けましたが、詳しい説明はなし。

今回の滞在するお部屋は17F。どんな部屋かドキドキしながら部屋へ向かいます(笑)

ではこの1728号のお部屋へw

グランドスイートキング(1)〜リビングルーム

お部屋はブログの題名通り、スダンダードのキングルームの予約からグランドスイートキングへのアップでしたww

ドアを開けて最初に目に入るのがこちらのリビングエリアです。1990年開業のホテルですが、改装されてモダンかつ清潔感のあるお部屋です。

ちなみに入口入るとすぐ右側がトイレになっています。

リビングエリアの手前右側にワーキングデスク。椅子はクッションの少しきいた朱色のチェアが明るさを感じます。

デスクの右側はコンセントと、テレビにつなぐ各種映像端子が並びます。

デスクの後ろ側にはF&Bのこれまた赤い造作棚が配されています。右上のミネラルウォーターは少し大きめのボトル、そしてネスプレッソもありますね。

引き出しの中はグラス、カップ&ソーサー、ネスプレッソ・紅茶など。冷蔵庫はビールとソフトドリンクがありますが、ワインなどはないようです。

部屋の奥はソファーエリア。

ソファーはゆったり余裕のサイズですね。

ソファーテーブルにはウェルカムフルーツが用意されています。

窓から見えるビューは台北101ビューではなくこのプールビューでしたwちなみに12月で少し寒いですがプールの水は温水になっているようで泳いでいる方もちらほらいました。

グランドスイートキング(2)〜ベッドルーム

次にリビングエリアのお隣のベッドルームへ行ってみましょう。

ベッドルームは比較的コンパクトな広さ。右のベッドサイドボードには加湿器が用意されていました。(※おそらくはリクエストベース)また右写真の正面奥の空間はウォークインのワードローブ&荷物置きのお部屋です(写真撮影漏れ)

ベッドルームの窓際のデッドスペース的な部分はアームソファーが置かれています。

ベッドサイドには照明などのスイッチがまとまっています。

グランドスイートキング(3)〜ウェットエリア

そしてお部屋の最後は水回り。ベッドルームに入って右奥にありました。

まずはトイレ。入口側にあるトイレとは異なりこちらはウォシュレットでした。(地味にうれしいw)

お風呂はシャワーブースとバスタブの構成です。シャワーブースはレインフォールシャワーもあります。私はフィットネスフロアにあるお風呂施設を利用したのでここはほぼ使いませんでした。

シャンプー・コンディショナーはフェラガモですね。これはおそらくスイートルーム以上のみで、通常の部屋・クラブルーム含めグランドハイアットスタンダードのJUNE JACOBSのようです。

各種アメニティ。髭剃りは2枚刃なので3枚刃以上が必要な方は持参しましょうw

綿棒、マウスウォッシュなど必要なものは過不足なく揃っている感じです。

グランドスイートキングルームの動画

Bottom Line

今回予約したお部屋は33㎡の通常のスタンダードキングルームでしたが、今回はステータスの恩恵もありこのホテルのスダンダードスイートであるグランドスイートキングルームにアップされました。部屋の面積は60㎡なのでアジア内のハイアットのスイートルームとしては気持ち狭めですが、全く不満はございませんw

数年前に改装されてホテルの部屋は高級感こそあまりありませんが、清潔感のあるモダンで明るいデザインはとても好印象。

スイートルームとして、トイレは2つ(そのうち1つはウォシュレット)、ワーキングデスクもあり、ソファーのリビングエリアも比較的ゆったり、洗面はシングルシンクですが、シャワーブース&バスタブもあり、ビジネスでも観光でも使い勝手の良い機能的なお部屋というがの第一印象です。

入口に貼ってある緊急避難用のレイアウトですが、部屋の位置がまちがっており実際はこの赤い印の右上隣のお部屋です。

比較的古くカテゴリーも4で大箱のホテルだったのであまり期待せずにいきましたが、ホテルのハードそしてサービスとも好印象でした。

つづく

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事