PICK UP

さてホテルの部屋に到着後は少しだけ休憩してその後はフィットネスへ。

開業したばかりの高級ホテルで短い1泊のみの滞在です。ホテルでゆっくり過ごしましょう。

フィットネス&バスハウス

ホテルにチェックイン後は少し休んでフィットネスへ。フィットネスはホテルの3Fにあります。

3Fに行くとフィットネス手前に一応受付のようなカウンターがありましたが、多くの時は無人でした。

フィットネスに入るとこの和風の壁面の廊下がありその左右の空間にフィットネス機器がある感じです。廊下の先にずっと行くとバスハウスです。

筋トレ系のマシン。スミスマシンがないのは残念ですが、ダンベルと脚・上半身のマシンがあるので基本的な筋トレ強化は可能ですね。

ランニングマシンは2台、機器は全てテクノジム製ですね。

少し長いジョグをする際はボトルの水があるとありがたかったのですが、、、

ちなみにこのフィットネスについてはウェア・シューズなどの貸し出しはありませんので、運動する際は持参の必要があります。

運動の後はその奥にあるバスハウスに向かいます。

男性のバスハウスに入ると、右手にロッカー・左手に洗面。

アメニティは髭剃りや綿棒など用意されています。それ以外には化粧水、ボディローションなどです。ドライヤーはお部屋同様にダイソンでした。

そして奥に入ると、右側にはドライサウナ。90℃と温度は十分、ただし1名、無理してなんとか2名という感じの狭さですね。

左手はスチームサウナ。

そしてその奥は左右に分かれて2か所の洗い場があります。座っても立っても使える感じです。

そして一番奥が温浴のお風呂と水風呂。水風呂は思ったよりも冷たかったです(キンキンという訳でなく20℃少しな感じです)

フォーシーズンズ京都もお風呂、サウナで他の人を見かけることはなかったので、この規模もやむなしかなと思っていましたが、私の滞在時は途切れることなく利用者はいた感じです。(2回行きました)

この施設で一番良くなかったのはタオルの補充と清掃、先ほど書いた通り意外と利用者がいたので、私が行った際はタオルは散らかっておりそして補充も十分でない感じでした。このクラスのホテルのサービスとしてはかなり残念な感じです。東京のパークハイアットやグランドハイアットと異なり、この温浴施設は無料の施設なので、あまり力が入っていないのでしょうかね。次回以降の改善に期待したいと思います。

 

ホテル内と二寧坂の散策

さて運動後はせっかくなのでホテル内を散策してみます。このホテルの4Fにはレストラン『八坂』(鉄板焼)とバー『琥珀』があるのですが、同時に八坂の塔が見えるスポットでした。

ちょうど夕陽が沈むタイミングでした。

しばらくすると暗くなってきました。

反対方向を見ると『京大和』。紅葉のピークシーズンには今年は少し早かったようで、まだまだ緑はたくさん。でもこの時期にここに滞在出来たのはラッキーでした。

ホテルを出たこの通りが二寧坂の通り、かなりの人の多さです。

あまりの人の多さにすぐホテルに戻りましたw

夕食はルームサービスで

さて夜ご飯はどうしようかなと少し考えましたが、この観光地のど真ん中のような場所なのでもう外出するのはおっくうになってきたので、ルームサービスで頂くことに。ちなみにパークハイアット東京やソウルのようにグローバリスト向けにカクテルサービスのようなサービスはございません。

注文したのはパスタとサラダ。これでお腹いっぱいです。ルームサービスと言ってもメニューはKYOTO BISTROで提供しているものほとんどと同じ。このあたりのメニューは今後もう少しレパートリーを増やしてほしいところです。

 

お酒も多少持ち込んで飲んだりしたので、この日は早々に就寝しました。朝食は次回に続きますw

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事